望月明彦氏による交渉学Web講座

分配型交渉と統合型交渉 ~ウィン・ウィンの3つの誤解

NPO法人日本交渉協会常務理事 望月明彦

交渉は、自分だけがハッピーになろうとする「奪い合い型」と、自分も相手もハッピーになろうとする「問題解決型」に分かれます。前者は「分配型交渉」または「ウィン・ルーズ型交渉」、後者は「統合型交渉」または「ウィン・ウィン型交渉」とよばれます。

分配型交渉(ウィン・ルーズ型交渉)=奪い合い(自分のハッピーを目指す)
統合型交渉(ウィン・ウィン型交渉)=問題解決(自分と相手のハッピーを目指す)

分配型交渉の典型は“値下げ交渉”です。1円でも安く買うことができれば買い手はハッピーですが、一方の売り手はその分だけ損をするからです。分配型交渉は大きさの決まったパイを交渉者同士で分け合う(奪い合う)ようなものです。

一方、プロ野球の2つのチームが交渉によって左ピッチャーと右ピッチャーをトレード(交換)したとしたら、これは統合型交渉です。なぜなら両チームとも欲しかった右ピッチャーまたは左ピッチャーを獲得できたことで、よりチームが強くなり満足するからです。この交渉は決して奪い合いではなく、両チームが一緒に互いの問題を解決しようと協力した結果です。統合型交渉はパイの大きさをより大きくする交渉とも言えます。

皆さんは家庭や職場で日々多くの交渉を行っているはずです。「さぁ、週末は夫婦で外食に行こう。夫は肉料理が食べたい。妻はパスタが食べたい。さぁどうしよう」皆さんならどう解決しますか? ウィン・ウィンな交渉ができそうですか?

さて、この「ウィン・ウィン」という言葉、改めて解説などしなくても皆さん日常的によく聞く言葉でしょう。「私とあの人はウィン・ウィンな関係だ」「お互いウィン・ウィンとなる良い交渉ができた」といった具合です。ところが、このウィン・ウィンについてよくある誤解があります。その誤解を3つご紹介しましょう。

ウィン・ウィンの3つの誤解
その1:お互いが譲歩すればウィン・ウィンというわけではない
ウィン・ウィンの一番大事なところは、その交渉で「お互いがよりハッピーになる」という部分です。交渉したことで良いトレードや解決策が「生まれる」ことに意義があるのです。もし交渉者がお互いに相手を思いやり、自分を押し殺し、相手の主張を受け入れ合ったとしても、それはウィン・ウィンではなく、ルーズ・ルーズです。

夫婦がどこで外食するか交渉します。お互い譲り合った結果、今日はパスタ、来週は肉料理、となったとしたら、満足度が高まったとは言えません。単なる一勝一敗です。もっとお互いがハッピーになる新しい解決策が欲しいのです。

その2:お互いが満足してもウィン・ウィンとは限らない
通常、交渉相手の手の内は交渉が終わってからも知ることはできません。特にビジネス交渉では、「実はこういう思惑があって」とか「実はここまで譲歩できた」ということは分からずじまいです。もしかしたらもっともっと満足できる解決策があったかもしれません。では、どうしたらもっと満足できる解決策を見つけられるのでしょうか。それは相手の関心事を徹底的に「質問」することです。そこから何らかの糸口が見えてくるからです。

外食先を話し合っている夫婦を思い出しましょう。妻は外食も悪くないが、実は夫と一緒に珍しいパスタを食べたいと思っていた。夫は仕事で疲れているので肉料理は食べたいが実は遠出はしたくないと思っていた。ということが分かったら、「そうだ。外食はやめて、たまには夫婦で肉料理とパスタを家で作ってみよう」となるかもしれません。

その3:ウィン・ウィンにも奪い合いがある
さて、このように話してきますとウィン・ウィンは嘘偽りのない美しい世界のように見えてきます。しかしそうではありません。ウィン・ウィン型交渉でパイを大きくしたら、つまりお互いがより満足できる解決策が生まれたら、そこから大きくなったパイを切り分ける交渉が始まるからです。この部分はまさにウィン・ルーズです。相手にちょっぴりの満足を、そして自分がたくさんの満足を、得られるように交渉します。

さて、例の夫婦が家でパスタと肉料理を一緒に作ることになりました。夫と料理ができると妻は喜び、せっせと料理の準備を始めます。夫は上等のステーキを家でのんびり食べられると喜び、ソファーに寝そべってテレビのスイッチを入れます。妻は夫に早くこっちに来て料理をしようと声をかけますが、夫はちょっと待ってくれと言います。ここからは奪い合いの交渉のスタートです。

実践で使える!交渉学の基礎知識 ~「交渉項目を増やせ!」
値下げ交渉は典型的なウィン・ルーズ型の交渉です。しかし、値下げ交渉をしているときに、他の条件を持ち出したらどうなるでしょうか。例えば、「値下げしてくれたら、こっちの商品を定価で買う」または「値下げしてくれたら、保証はつけなくてよい」といった具合です。実はこのように交渉項目を増やすことで合意を目指すという行動を、人間は自然とやっているのです。交渉項目が増えることで、行き詰まった交渉を打破できることを理解して、意図的に交渉項目を増やすよう努力することがウィン・ウィンな解決策への近道なのです。

覚えておきたい!交渉の心得(厳選集) ~「Noということを恐れるな!」
特に日本人は相手に「No」を言うことを避けようとします。しかし本来、Noがあるからこそ交渉がスタートするのです。自分が「受け入れられること」と「受け入れられないこと」をはっきりと伝えることが、ウィン・ウィンな問題解決のためのきっかけです。同時に、交渉相手から「No」と言われても決して感情的にならずに、なぜ「No」なのかをじっくり「質問」しましょう。きっと良い解決策が見つかるはずです。

望月 明彦氏

望月公認会計士事務所代表
特定非営利活動法人 日本交渉協会常務理事
ディップ株式会社監査役 (東証1部上場)(現任)
アイビーシー株式会社監査役(東証1部上場)(現任)
日本公認会計士協会東京会 研修委員会 副委員長(2010~2014)
経済産業省コンテンツファイナンス研究会 委員(2002~2003)

早稲田大学政治経済学部卒。
監査法人トーマツを経て、慶応義塾大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)修了。
その後、上場企業の経営企画部長として資本政策の立案・実施、合弁会社の設立、各種M&Aなどを手掛ける。
さらに、アーンストアンドヤングの日本法人にて上場企業同士の経営統合のアドバイザー等を務める。
2010年より望月公認会計士事務所代表。日本交渉協会常務理事。

その他のレクチャー

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉研修の現場から 第6回「交渉分析力診断テスト」

この診断テストは、交渉事例にそって約30の問があり、各問について4択の中から自分が最適と思うものを選んでいただく形式です。この診断では、交渉力を「分配型交渉」「統合型交渉」「認知バイアス」「意思決定」「信頼性」という5つの観点から評価し、100点満点で得点化します。

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉研修の現場から 第5回「交渉と説得の違い」

交渉ぶりを見ていて気になることがあります。それは「交渉」ではなく「説得」をしてしまう方が多くいらっしゃるということです。交渉と説得の違いは何でしょうか。

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉研修の現場から 第4回「交渉の満足度」

交渉研修では、参加者が二人一組のペアになりロールプレイングを行いますが、そのロールプレイングが終わったとき、その交渉の満足度を1点から5点で表現していただきます。そして、自分の満足度を交渉相手の満足度と比べていただくのです。

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉研修の現場から 第3回「チーム交渉」

交渉研修では、参加者にいくつかのチームに分かれていただき、チームごとに交渉相手への提案を検討・発表していただくことがあります。いわばチーム交渉です。

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉研修の現場から 第2回「交渉における“ジェスチャー”」

日本交渉協会が実施している交渉研修(交渉アナリスト実技研修、通学ゼミ土日集中講座、ビジネス交渉アナリスト講座など)で気付いたことをお伝えしていくコーナーです。

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉研修の現場から 第1回「交渉ロールプレイングのすすめ」

交渉アナリストの研修では、交渉学の理論を説明した後、参加者の皆さんにロールプレイングを行っていただき、交渉知識を試していただきます。二人一組のペアで、片方が売り手、もう片方が買い手となり、それぞれ1~3枚程度の簡単なケースを読み、交渉を行います。短いケースであれば10分程度、長いケースの場合は40分を超える場合もあります。

望月明彦氏による交渉学Web講座

まとめ

交渉には自分だけがハッピーになろうとする「分配型交渉」(「ウィン・ルーズ型交渉」)と、自分も相手もハッピーになろうとする「統合型交渉」(「ウィン・ウィン型交渉」)がありました(第1回)。

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉倫理~嘘は許されるのか?

今回は交渉における倫理について考えてみましょう。ここでの目標は、「交渉のなかで嘘は許されるのか?」という問いに対する自分なりの回答を考えていただくことです。そこでまずはある女性のフリーマーケットでの交渉における行動と心の動きをお読みください。

望月明彦氏による交渉学Web講座

交渉合意~交渉前に合意をイメージせよ!

交渉では交渉時間全体の90%が経過しても妥結済みなのはわずか10%に過ぎず、残り時間10%で交渉の90%が妥結するとも言われます。それほど合意するのは難しいことです。今回は交渉における合意をテーマに考えてみましょう。特に合意が難しいビジネス交渉における組織間の交渉を取り上げます。

望月明彦氏による交渉学Web講座

弱者の交渉術~“逃げる”も戦術

交渉者同士は常に対等な関係にあるとは限りません。むしろ交渉者の一方が弱い立場にいることの方が普通です。商品売買の交渉では、余程の希少商品でない限り、買い手の方が交渉力が強くなります。日常生活でも女性の方が立場は強いかもしれません。

望月明彦氏による交渉学Web講座

認知バイアス~交渉における心理戦

人間は合理的なようで実は日常の行動はあまり合理的ではないようです。人はスーパーマーケットで、「残り10個。本日まで」と書かれた特売品をつい買ってしまいますが、もしかしたらただの売れ残りかもしれません。このように合理的な判断ができない、いわば罠に陥っている状態を認知バイアスと言います。認知バイアスには様々なものがありますが、交渉においてよく見られる認知バイアスには以下のものがあります。

望月明彦氏による交渉学Web講座

社内交渉~社内会議という名の社内交渉

ビジネス交渉というと、営業マンが取引先と条件交渉をしている姿を思い浮かべるかもしれません。確かに会社にとって大変重要な交渉です。しかし実はビジネスマンが最も多く行っている交渉は恐らく「社内交渉」です。